IT導入補助金2021のご案内

補助金は、最大450万円!!

システム導入は今がチャンス!

中小企業・小規模事業者のみなさまが生産性向上を目的としたITツール導入に活用いただける補助金です。

最大450万円の補助金交付が受けられます。

IT導入補助金に関する資料をダウンロード

IT導入補助金とは?

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)は、中小企業、小規模事業者等の生産性向上を支援する目的で、ITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入にかかる経費が一部補助される大変お得な制度です。

大新技研株式会社では、「IT導入支援事業者」としてIT導入補助金の申請をサポートいたします。ITツールの選定から、分かりにくい申請・手続きまで安心してお任せください。

対象ソフトウェア

溶断用CAD/CAMシステム

対象ソフト:ANSWIN2000

自社製2次元汎用CADシステムと、様々なNC切断機へ対応可能で多機能なCAMシステムを搭載した、CAD/CAMシステムです。

社内の各種業務IT化を支援する機能も装備しています。

製品ページへ

切断部材作成専用システム

対象ソフト:Dcad Parts

切板部作成用のCAD/CAMシステムとして、操作性に優れた汎用CAD。

橋梁・鉄骨・製缶・熔断など、幅広い業種で運用いただけるシステムです。

製品ページへ

補助金の概要

以下の表にありますA・B・C-1・C-2・D類型のうちいずれか1類型のみ申請可能です。
予算がなくなり次第終了となりますので、お早めにご検討ください。

  通常枠 低感染リスクビジネス枠
種類 A類型 B類型 C類型-1 C類型-2 D類型
補助金申請額 30万~150万円未満 150万~450万円以下 30万~150万円未満 300万~450万円以下 30万~150万円以下
補助率 1/2以内 2/3以内
プロセス数※1 1以上 4以上 2以上
ツール要件(目的)※2 類型ごとのプロセス要件を満たすものであり、労働生産性の向上に資するITツールであること。(当該要件はC・D類型においても前提条件) 複数のプロセス間で情報連携し複数プロセスの非対面化や業務の更なる効率化を可能とするもの テレワーク環境の整備に資するクラウド環境に対応し、複数プロセスの非対面化を可能とするもの
賃上げ目標※3 加点 必須 加点 必須 加点
補助対象 ソフトウェア費導入関連費等
ハードウェアレンタル費用 ×

※1:「プロセス」とは、業務工程や業務種別のことです。
※2:ツール要件(目的)について、詳しくは下記の公募要領をご確認ください。
※3:賃上げ目標について、詳しくは下記の公募要領をご確認ください。
※上記は大まかな相違点の抜粋のため、詳しくは、IT導入補助金2021公式サイトをご確認ください。

対象期間・手続き

交付申請期間
2021年4月7日(水)受付開始~終了時期は後日案内予定
予定締切日

~2021年5月14日(金)17:00まで

~2021年7月30日(金)17:00まで

※以降、順次締め切りが設定される予定です。

事業実施期間

交付決定日以降~6か月間程度

※交付申請を支援するIT導入支援事業者によって、別途申請受付期限がある場合があります。

手続きに関するフロー図
手続きに関するフロー図

※交付決定の連絡が届く前に契約・発注・納品・支払いなどをおこなった場合は、補助金の交付を受けることができませんので、ご注意ください。
※特別枠(C類型・D類型)の申請の場合は、2021年1月8日以降の契約・納品・支払いであれば、遡及対応が適用されることがあります。

交付申請前に必要な手続き

交付申請には、事前に「GビズIDプライムアカウント」と「SECURITY ACTION」の取得が必要となります。

GビズIDプライムアカウント

取得に3週間程度かかるため「GビズIDプライムアカウント」をお持ちでない事業所の方は、早めの取得をお願いします。

※GビズIDとは、複数の行政サービスを1つのアカウントで利用できる認証システムです。

GビズIDの登録はこちらから

経済産業省「gBizIDサイト」https://gbiz-id.go.jp/top/#getid

SECURITY ACTION

交付申請には「SECURITY ACTION」の「★一つ星」または「★★二つ星」の宣言(アカウントIDの入力)が必要です。

※SECURITY ACTIONは「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)」が実施しています。

SECURITY ACTIONの宣言はこちらから

セキュリティ対策自己宣言https://www.ipa.go.jp/security/security-action/it-hojo.html